2台目以降も同じ所有者にする

2014年1月27日 / 未分類

一家で何台も自動車を保有しているような場合、当然車両ごとに自動車保険に加

 

入しなければならないため保険のせいで家計が圧迫されてしまうといったケース

 

も起こりえます。

 
複数台自動車を所有しているご家庭の場合、自動車の名義を世帯主などで全て

 

統一してしまうというのも一つの手だと言えます。

 
同じ自動車保険会社に2台目以降を加入させる場合、車両の名義が同じだという

 

だけで大幅な割引を受けられる可能性が高いためです。

 
名義が同じであっても当然他の家族専用の自動車として利用するのは可能です

 

し、名義人が事故やトラブルを起こしていない場合であっても家族がしっかりと保

 

険の補償を受けられるようになっているため、料金が安くなるからといってデメリット

 

が発生するとは考えておかなくていいでしょう。

 
名義を統一する唯一のデメリットとしては自動車を廃車にする場合や中古車として

 

売却する場合に名義人以外が行おうとしても面倒だという点がある程度で、自動

 

車保険の観点で見ると自家用車の名義を統一することで不利益が生じることは非

 

常に少ないと覚えておいていいでしょう。

 
自動車保険の料金を少しでも抑えるため、名義の統一を図ったり料金の安いオン

 

ラインでの通販方自動車保険を利用したりすることを検討してみてください。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る