年齢の限定をする

2014年1月27日 / 未分類

「全年齢担保(すべての年齢が対象)」、「21歳未満不担保(21歳以上のみ対

 

象)」、「26歳未満不担保(26歳以上のみ対象)」、「30歳未満不担保(30歳以上の

 

み対象)」と年齢限定の条件は4段階に分かれています。これらの条件からもわか

 

るように年齢が上になるにつれて対象者が少なくなるため、「30歳未満不担保」と

 

いう条件を付加することが一番支払う料金が安くなります。ちなみに「全年齢担

 

保」と「30歳未満不担保」とは、支払う料金に2倍以上の開きが出る場合がありま

 

す。なお年齢条件を付加する際に気を付けておきたいのが、車を運転する人が自

 

分以外にも家族の中に存在する場合です。このような場合は付加したい年齢条

 

件を、運転する可能性のある家族の人全員がクリアしているかどうかを必ず確認し

 

てください。保険会社によっては、「子供特約」や「臨時運転者特約」等の特約が

 

用意されていますので条件に合わせてうまく活用すると良いでしょう。この他誕生

 

日も注意が必要です。例えば、保険契約時ではなく保険期間中に年齢条件をクリ

 

アする年齢に到達してしまった場合どうすればよいでしょうか。そのような場合は、

 

年齢条件変更を申し出て契約内容を変更してもらうことで、残り期間の支払い料

 

金を下げてもらうか、もしくは多く払った分を精算してもらうことができます。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る